アウディ・VW輸入車専門店マリオットマーキーズ

アウディ,VWの車検・修理・整備はマーキーズへ

アウディ・VW整備,販売,板金,買取,車検はマーキーズへ
匠の技
お問い合わせ
ボッシュカーサービス

アウディ・フォルクスワーゲン車検整備板金
アウディ・フォルクスワーゲン車検整備板金
アウディ・フォルクスワーゲン車検整備板金
アウディ・フォルクスワーゲン車検整備板金
アウディ・フォルクスワーゲン車検整備板金
アウディ・フォルクスワーゲン車検整備板金

アウディ A4,S4 修理費用一覧

アウディ・VW整備 > アウディ・VW故障修理 >  アウディ A4,S4 修理費用一覧

A4の概要

アウディのミドルベースの代表車種です。国内需要拡大の為、同じセグメントのBMW3シリーズやメルセデスベンツCクラス等のライバル車種より価格帯が低く設定されています。セダンベースのほか、ワゴンタイプ(アバント)、クロスオーバータイプのオールロードクワトロがあります。またリアスポイラー、ドアサイドプロテクターなどが付いてよりエクステリアがスポーティなSラインパッケージもあります。A4をベースとしたハイパフォーマンス車のS4もあり、専用のグリルやサスペンションがスポーティーになり、走行性運動性がアップしています。

A4のウィークポイント

A3と同じフロントの足廻りブッシュ関係の劣化、エンジンオイルがエンジンヘッドカバーやエンジンオイルパンより漏れている車両が多いです。足廻りに関してはフロント側のアームブッシュ、ショックアブソーバー上部のマウント等よく劣化して異音発生の原因になるケースがあります。それ以外で年式の古いA4はタイミングベルトが使われて、マニュアル上では役12万キロ交換推奨部品とされていますがタイミングベルトを交換する際にエンジンのウォーターポンプ交換までの作業と重複しているのでウォーターポンプ交換時によくチェックしておくのがおすすめです。
1 エアエレメント交換 ¥2,000~ 7 ショックアブソーバー交換 ¥27,000~
2 エアコンフィルター交換 ¥2,000~ 8 ブレーキパッド交換 ¥4,500~
3 Fベルト交換 ¥3,600~ 9 ディスクローター交換 ¥5,200~
4 スパークプラグ交換 ¥4,700~ 10 バッテリー交換 ¥2,700~
5 タペットカバーパッキン交換 ¥18,000~ 11 テスター診断 ¥8,000~
6 タイミングベルト交換 ¥63,000~ 12 フロントアッパーアーム交換 ¥8,100~

おすすめ交換パーツ

オイルフィルター
オイルフィルター

エンジンの血液ともいえるエンジンオイル用のフィルターです。オイルの汚れや不純物を取り除きエンジントラブルの種を積む重要な部品でもあります。画像のように真っ黒に汚れますので定期的な交換が必要になります。オイル交換を2回に1回のフィルター交換が目安です。


エアーエレメント
エアーエレメント

エンジンの吸入空気用のフィルターです。エンジン内部へ空気中のホコリや異物混入を防ぎます。走行をしていなくてもエンジンは始動していれば常に空気を吸っていますので一概に走行距離だけで交換時期を定める事が出来ません。定期的に状態を点検する事が重要です。


エアコンフィルター
エアコンフィルター

空調用のフィルターになります。エアコンやヒーターを使用する際に外気を導入をする場合、外気のホコリや枯れ葉などが車内に入って来ないように除去する為についています。非常に目の細かいフィルターになっていますので、その分目詰まりもしやすい為まめな交換をお勧めしています。


スパークプラグ&イグニッションコイル
スパークプラグ&イグニッションコイル

エンジンの点火装置になります。スパークプラグは燃焼室に直接火花を飛ばし、先端の碍子(がいし)は摩耗しますので、定期交換部品に指定されています。イグニッションコイルはスパークプラグへ高電圧を供給する部品です。エンジン不調になる故障原因になる事も少なくありません。


ベルト
ベルト&ベルトテンショナー

エアコンコンプレッサー・オルタネーター・パワステポンプなどエンジンの各装置を作動させる為には欠かせないのがベルトです。ベルトは一定のテンションを掛ける事で滑りを防止しますのでテンショナーという装置も欠かせません。ベルトが切れると多くの機能が停止しエンジン不動にも繋がります。消耗も早い部品になります。


ブレーキ
ブレーキ

止まれなければ走行が出来ませんので、重要保安箇所になるのがブレーキです。ブレーキパットだけではなく、ブレーキディスクも摩耗します。どちらも摩耗限度数値が設定されていますので交換時期は測定を行い判断します。定期的にチェックを行う事をお勧めします。


アームブッシュ
アームブッシュ

足廻りのアームは車両の傾きによりスイングするように動きます。アーム付け根に位置するゴムブッシュは捻じられる事になりますのでゴムブッシュが経年により硬化してくると亀裂が生じてきます。亀裂は進行しかしませんので放っておくと異音の発生原因や走行性能に影響が出ますので早めの交換をお勧めしています。


ドライブシャフトブーツ
ドライブシャフトブーツ

ドライブシャフトは回転しながら車両の傾きによりスイングする動きとなる為、ブーツは負担がかかる箇所です。ブーツが経年により硬化が進んでくると破れが生じ、ジョイント内部のグリスは外へ出てしまいます。シャフト回転の遠心力も手伝い派手に飛散します。保安基準に関わる箇所になりますので必ず修理が必要です。


スタビライザーリンク
スタビライザーリンク

車両のローリングを抑えるスタビライザーを足廻りと連結するのがスタビライザーリンクです。ジョイント部は非常に精度の高い造りとなっていて、ゴミなどがつかないようにブーツが付いています。ブーツが破れると内部からグリスが漏れ、ゴミを拾いやすくなり、ジョイント部にガタつきや異音発生の原因ともなります。


タイヤ
タイヤ

車両に対してブレーキにも走行にも関わる最も重要な物の一つです。走行していなくても経年により硬化しひび割れなどが発生しバーストの原因にもなります。走行し摩耗してくると溝にスリップサインが出てきますので交換の目安となります。グリップが低下すると危険度が急上昇となりますので定期的なチェックが必要です。



東京都墨田区 No.118 アウディ S4 車検 アームブッシュ 足回り修理

  • アウディ S4 車検アームブッシュ 足回り修理
  • アウディ S4 車検アームブッシュ 足回り修理
  • アウディ S4 車検アームブッシュ 足回り修理
  • アウディ S4 車検アームブッシュ 足回り修理
車検でご入庫頂きました

車検でご入庫頂いたアウディのS4です。アウディの中でも走行性能を高めたフラッグシップカーとなりますのでウィークポイントを熟知した点検が必要になります。
点検の結果、フロントのアッパーアームブッシュに亀裂とバキュームポンプからのオイル漏れがありました。アッパーアームブッシュに亀裂があると走行時にガタつきが発生し、走行安定性が下がってしまうだけでなく
ホイールアライメントのズレによるタイヤの変摩耗やガタつきによる異音や振動の発生となり危険です。
また、バキュームポンプからのオイル漏れは保安基準不適合となります。お客様と打ち合わせを行い、高額なアッパーアームはブッシュの打ち替えにて対応して費用を抑えることが出来ています。

東京都墨田区 No.116 アウディ RS4(2.7 MT) エンジン オイル漏れ修理

  • アウディ RS4 エンジン オイル漏れ修理
  • アウディ RS4 エンジン オイル漏れ修理
  • アウディ RS4 エンジン オイル漏れ修理
  • アウディ RS4 エンジン オイル漏れ修理
エンジンオイル漏れがあるという事でご入庫頂きました。

何かしらのオイルが駐車場に垂れているという事でご入庫頂いたアウディのRS4です。
エンジンルームにはギッシリと詰め込まれたV6ツインターボエンジンが搭載されており、目視ではなかなか原因の特定が出来ません。
一度、各部を洗浄し試運転を行った後、分解を行いながらオイル漏れ箇所を特定していきます。
点検の結果、カムシャフトオーリングやタービンなど様々な場所からエンジンオイル漏れがありましたので、お客様と打ち合わせを行いエンジンを脱着した上で、劣化している部品の交換を行う形になりました。
修理作業後、試運転を行い症状が改善し異常が無い事を確認し作業完了となりました。

No.112 アウディA4 冷却水漏れ修理

車を総合的に診てほしいということでお預かり致しました。

リフトアップし各所点検するとアンダーカバーからの冷却水を確認しました。
アンダーカバーを脱着し、漏れ箇所の点検を行うと、タイミングベルトカバー周辺からの漏れという事がわかりました。

この場合、ウォーターポンプからの漏れが一番濃厚となりますのでお客様と打ち合わせを行い、ウォーターポンプの交換作業を行いました。
ウォーターポンプの交換時には、タイミングベルトの脱着が必要になりますので一緒にタイミングベルトの交換作業を行いました。
交換作業後、試運転を行い異常が無い事を確認し作業完了となりました。


No.111 アウディ A4 TSFI アバント 車検 アッパーホース 冷却水漏れ交換修理

車検でご入庫頂きました、アウディのA4アバントです。

法定24ヶ月点検を実施したところラジエーターのアッパーホースから冷却水漏れがありました。
また、定番箇所である冷却水のリザーブタンクにもクラックがありましたので同時に交換作業を行いました。
冷却水漏れの整備を行う場合は、漏れている箇所の交換だけでなく劣化している場所を同時に交換をお勧めします。
交換作業後、試運転を行い問題が無い事を確認し作業完了となりました。


No.109 アウディ A4 足回り異音修理

アウディ A4 足回りからの異音

段差などで異音し、ブレーキを踏むとフワフワするという事でご入庫頂きました。
早速、試運転を行うとブレーキ時やコーナー等で踏ん張りがきかずフワフワとした乗り心地になっていました。

リフトアップし、足廻りの点検を行うとフロントのショックアブソーバーからのオイル漏れとブッシュに亀裂、ボールジョイントのガタが発生していました。
この状態では、コーナー時の安定感の無い状態になってしまいますね。

お客様と打ち合わせを行い、各アームの交換とショックアブソーバーの交換を行いました。
交換作業後、アライメント調整を行い作業完了です。


No.108 アウディ A4 アバント 8k 車検点検 足回りブッシュ打ち替え

車検でご入庫頂いた、アウディのA4アバントです。

特に気になっているところはないという事でしたが、法定24ヶ月点検を行った結果フロントのアッパーアームブッシュに亀裂の発生を確認しました。
フロントのアッパーアームブッシュはブッシュ単体での部品供給であり、ボールジョイント側に痛みが少なかったのでブッシュ打ち替えでの作業を行いました。
フロントのアッパーアームを外す為には、ショックアブソーバーの脱着が必要になりますので、少し手間のかかる作業ではあります。
交換作業後、試運転を行い異常が無い事を確認し作業完了となりました。


No.107 アウディ A4 アバント 冷却水漏れ修理

オイルが漏れているということでご入庫いただきました。

駐車場にオイルの漏れた跡があるという事でご入庫頂いたアウディA4のアバントです。
早速エンジンルームを開け、点検を行うとエンジンの後ろ側にある、バキュームポンプからのオイル漏れが確認できました。
バキュームポンプは、分割式の構造となりポンプ本体の継ぎ目からオイル漏れを起こします。
分解が出来ない構造の為、ポンプ本体の交換が必要です。
交換作業後、試運転を行い異常が無い事を確認し作業完了です。


No.104 アウディ S4 車検 エンジンオイル漏れ 故障修理

  • アウディ S4 車検 エンジンオイル漏れ修理
  • アウディ S4 車検 エンジンオイル漏れ修理
  • アウディ S4 車検 エンジンオイル漏れ修理
アウディ S4 車検 エンジンオイル漏れ修理

車検でご入庫されたアウディのS4です。ご入庫時からオイルが焼けるような臭いがしていました。
点検の為、エンジンルームを覗くとオイルフィルターのキャップから多量のオイル漏れが発生している事が分かりました。
また、下廻り点検の為リフトアップを行うとアンダーカバーが一面オイルまみれになっています。
フィルターキャップのパッキンが劣化し、シール性能低下を起こしていた事が原因と考えられました。
漏れたオイルがインレットマニホールドの下まで広がっていた為インレットマニホールドを脱着し、清掃も行いました。
作業後、試運転を実施し症状が改善されていることを確認し作業完了となりました。

No.103 アウディ A4 エンジン冷却水漏れ 故障修理

  • アウディA4エンジン冷却水漏れ
  • アウディA4エンジン冷却水漏れ
  • アウディA4エンジン冷却水漏れ
  • アウディA4エンジン冷却水漏れ
アウディ A4 エンジン冷却水漏れ

車を購入したばかりでコンディションを知りたいという事でご入庫いただいたアウディA4です。
年式も高くなっていた為、ウィークポイントを抑えたマーキーズならではの点検を実施します。
点検の結果、エンジン後ろ側のヒーターホースから冷却水漏れが有る事が分かりました。
整備作業時には、インテークマニホールドや各ホース類を外す作業となります。
また、アウディのホースバンドはかしめて締め込むタイプの為、ホースバンドは必ず交換になります。
交換作業後、加圧テスト及びロードテストを行い異常がないことを確認し作業完了となりました。

No.102 アウディ A4 水漏れ修理

  • アウディA4 水漏れ修理
  • アウディA4 水漏れ修理
  • アウディA4 水漏れ修理
  • アウディA4 水漏れ修理
冷却水が減るとのご依頼です。

リフトに車両をセットし水漏れの点検を進めていきます。エンジンを始動して水漏れ箇所の確認を行いますが漏れてくる様子が有りません。

次にエンジンを止め加圧テスターを接続し水路へ圧力をかけての点検を行います。数時間後、床に冷却水の垂れた跡を確認する事が出来ましたので、垂れた跡をたどるとウォーターポンプから冷却水漏れが発生していることがわかりました。取り寄せた新しい部品は対策がほどこされ、耐久性が向上しています。
別の修理でもウォーターポンプの脱着が必要な場合は予防整備として交換をお勧めします。

アウディ,VWの買取,車検,修理,整備はおまかせ!

ここではアウディ・VWオーナーさまの気になる車種別修理費用一覧をご紹介!
さらには車種別の整備のポイントもあわせてご紹介しています。

アウディ車種別修理費用一覧
アウディA4 アウディA5 アウディA6 アウディA7
Audi/A4 Audi/A5 Audi/A6 Audi/A7
アウディ TT アウディA1 アウディA3 アウディA8
Audi/TT Audi/A1 Audi/A3 Audi/A8
アウディ Q2 アウディ Q3 アウディ Q5 アウディ Q7
Audi/Q2 Audi/Q3 Audi/Q5 Audi/Q7
アウディ R8
Audi/R8
アウディRS車種別修理費用一覧
アウディRS4 アウディRS5 アウディRS6 アウディRS7
Audi/RS4 Audi/RS5 Audi/RS6 Audi/RS7
アウディ TT アウディRS3 アウディQ3
Audi/TT RS Audi/RS3 Audi/RS Q3
フォルクスワーゲン車種別修理費用一覧
フォルクスワーゲン ゴルフ フォルクスワーゲン ポロ フォルクスワーゲン ビートル フォルクスワーゲン パサート
VW/ゴルフ VW/ポロ VW/ビートル VW/パサート
フォルクスワーゲン トゥアレグ フォルクスワーゲン ティグアン フォルクスワーゲン トゥーラン フォルクスワーゲン UP
VW/トゥアレグ VW/ティグアン VW/トゥーラン VW/UP!
フォルクスワーゲン ジェッタ フォルクスワーゲン イオス フォルクスワーゲン ボーラ フォルクスワーゲン シロッコ
VW/ジェッタ VW/イオス VW/ボーラ VW/シロッコ

アウディ,フォルクスワーゲン修理 車検 各種お問い合わせ

アウディ フォルクスワーゲン輸入車専門マリオットマーキーズ
  • LINE@でお問い合わせ
  • MAILでお問い合わせ
  • TELでお問い合わせ