アウディ・VW輸入車専門店マリオットマーキーズ

アウディ,VWの車検・修理・整備はマーキーズへ

アウディ・VW整備,販売,板金,買取,車検はマーキーズへ
匠の技
お問い合わせ
ボッシュカーサービス

アウディ・フォルクスワーゲン車検整備板金
アウディ・フォルクスワーゲン車検整備板金
アウディ・フォルクスワーゲン車検整備板金
アウディ・フォルクスワーゲン車検整備板金
アウディ・フォルクスワーゲン車検整備板金
アウディ・フォルクスワーゲン車検整備板金

アウディ・VW車検 整備 修理技術ファイル

アウディ・VW整備工場 > アウディ・VW技術ファイル事例一覧 >  No.031 オールロード オイル漏れ
No.031 オールロード オイル漏れ
  •  
シーズンチェックでの入庫時にオイル漏れがありました。

まずはエンジン洗浄をしてオイル漏れ箇所の特定です。エンジン後ろ側のカバーからのオイル漏れでした。このエンジンでは比較的オイルが漏れやすい場所ですが、今回はかなり重症でミッションまで垂れた跡がありました。アウディはエンジンルームの隙間が少ない為、小さい工具でボルトを外していきます。普段はVバンクの片側が漏れていることが多いのですが、今回は両バンクから漏れていました。ここは液体のパッキンを使っているので取り付けは慎重に行います。ここでしっかり付くかが今後のオイル漏れを左右します。
No.024 オールロード エンジン水漏れ
エンジン水漏れで入庫です

早速加圧テストを実施、ポタポタ漏れてはくるのですが、原因を中々見つけられず特定に少々手こずりました。原因としてはヒーターポンプと分かり交換に入りますが、オールロードの場合はインレットマニホールドの下に付いております。どうしてこの様な設計かは謎ですが、部品点数が増えるのは間違いありません。また、アウディも水漏れの場合は接続されているホースも必ず交換をお勧めいたします。
No.029 A6 オイル漏れ
車検で入庫時にオイル漏れがありました。

リフトで上げてみるとトランスファーのオイルシールからオイル漏れていました。ここは定番箇所で殆どの車両で漏れがあります。漏れが酷くなるとマフラーに垂れてオイルが燃える匂いがしてきます。マフラーを外して、シールを交換して清掃すれば完了です。
No.011 A6 オイル漏れ
オイル漏れで入庫のA6です

スタンドで指摘をされ修理は心配だからと当社にご入庫いただきました。点検の結果パワステラインからのオイル漏れとトランスファーからのオイル漏れが確認出来ました。トランスファーの漏れはマフラーやプロペラシャフトも脱着しますので同時にガスケットなども新品に交換する必要が有ります。再使用すると後に排気漏れなどの原因になりますよ。
No.040 A4 車検
車検でのご入庫です。

点検を進めていくと、ドライブシャフトブーツが破れてグリスが出ていました。他にはエンジンの前後運動のストッパーをしているブッシュも劣化していました。ドライブシャフトのブーツ破れは車検に通らない上に、そのままにしているとドライブシャフトを痛めてしまうので早めに修理をしましょう。
No.038 アウディ A4 車検
車検でのご入庫です。

今回はこれといったご依頼はありませんでしたが、点検を進めていくと、足廻りの劣化が見られたので、足廻りを中心に整備を進めさせて頂きました。定番個所は過去に整備されていましたが、あまり壊れないリアショックの抜けやブレーキホースのヒビ割れがありました。抜けていたショックのバンプラバーが劣化で割れていました。もしかしたらショックが底突きをしてしまった時に抜けてしまったのかもしれません。走行にあまり関係の無い部品だからといって整備をしないと高額部品の交換になってしまうこともあるので、しっかり点検をして長く愛車に乗っていけるようにしましょう。
No.037 A4 車検 オイル漏れ
車検でのご入庫で、オイル漏れがありました。

点検を進めていくと、タペットパッキンからのオイル漏れがあり、オイルが垂れていました。これでは車検に通すことが出来ないので交換します。タペットカバーを外してみると、本来は柔らかいパッキンが固まってしまい触るだけで割れてしまいました。こうなっては密閉性能が落ちて、オイルを遮ることが出来ません。しっかり清掃して組みつければ終わりです。今回は他に定番のフロントアッパーアームの交換もさせて頂きました。
No.006 アウディA4 水温計不良
水温計が作動しないで入庫です

早速診断を始めます。まずはシステム点検のためにテスターを接続して実測値を見ていきます。どうやらセンサーからの信号がインストルメントクラスターには入力されていない様子です。アウディはセンサーが1個ではなく何個も付いておりますので個々の実測値を確認しながら見極めていきます。今回原因のの水温センサーを交換して無事作動するようになりました。
No.001 A4 シーズンチェック
シーズンチェックで入庫のアウディです

シーズンチェックで入庫のA4です。年式の割に距離数が伸びておらずコンディションは良好です。お客様も不具合は何もないとのことでしたので、消耗品回りと車種別のウィークポンイントに重点を置いて点検を進めていきます。今回は、定期交換部品であるファンベルトやエアーエレメント・エアコンフィルターを交換して、隠れた瑕疵を見つける為にテスターチェック!何も問題のないことを確認して点検を完了いたしました。
No.036 A3 足回り整備
シーズンチェックでご入庫です。

リフトアップして点検です。全体的な状態は良好でした。オイル漏れも無く、水漏れも無い、AUDIでは珍しいです。しかし、フロントのアッパーアームのブッシュが切れていました。アッパーアームは弱点で点検をすれば殆ど切れています。今回はブーツも劣化していたので、アームごとの交換になりました。その他は消耗品の交換だけで終わりです。今回のように、しっかり整備をしていれば車検時にも安く済ませることが出来ます。

アウディ,VWの買取,車検,修理,整備はおまかせ!

ここではアウディ・VWオーナーさまの気になる車種別修理費用一覧をご紹介!
さらには車種別の整備のポイントもあわせてご紹介しています。

アウディ車種別修理費用一覧
アウディA4 アウディA5 アウディA6 アウディA7
Audi/A4 Audi/A5 Audi/A6 Audi/A7
アウディ TT アウディA1 アウディA3 アウディA8
Audi/TT Audi/A1 Audi/A3 Audi/A8
アウディ Q2 アウディ Q3 アウディ Q5 アウディ Q7
Audi/Q2 Audi/Q3 Audi/Q5 Audi/Q7
アウディ R8
Audi/R8
アウディRS車種別修理費用一覧
アウディRS4 アウディRS5 アウディRS6 アウディRS7
Audi/RS4 Audi/RS5 Audi/RS6 Audi/RS7
アウディ TT アウディRS3 アウディQ3
Audi/TT RS Audi/RS3 Audi/RS Q3
フォルクスワーゲン車種別修理費用一覧
フォルクスワーゲン ゴルフ フォルクスワーゲン ポロ フォルクスワーゲン ビートル フォルクスワーゲン パサート
VW/ゴルフ VW/ポロ VW/ビートル VW/パサート
フォルクスワーゲン トゥアレグ フォルクスワーゲン ティグアン フォルクスワーゲン トゥーラン フォルクスワーゲン UP
VW/トゥアレグ VW/ティグアン VW/トゥーラン VW/UP!
フォルクスワーゲン ジェッタ フォルクスワーゲン イオス フォルクスワーゲン ボーラ フォルクスワーゲン シロッコ
VW/ジェッタ VW/イオス VW/ボーラ VW/シロッコ

アウディ,フォルクスワーゲン修理 車検 各種お問い合わせ

アウディ フォルクスワーゲン輸入車専門マリオットマーキーズ
  • LINE@でお問い合わせ
  • MAILでお問い合わせ
  • TELでお問い合わせ